トップに戻る

 

Windows7でセットアップが終わらないという質問

 

セットアップの最後に「BDEマージエラー」と出ている場合、そのまま「OKボタン」を押します。

このマージエラーの画面が見えないという場合、セットアップの背後に隠れている場合も多いようです。

 

 

ソフトウエアのトラブルなどで、よくある質問

BDEが実行されていますというエラーがでてセットアップが中途でおわってしまう。

インデックスが古くなっています。 または BLOBが、正しくありません。

整数ではありません。のエラーになる。

起動時に、モジュール違反となる。

プリンタが見つかりません。のエラーになる。

プリンタで左右、下端が切れる。

画面の左右上下が完全に表示されない。

CDROMなしで動作させたい。

バージョンアップ版を買いたい

 

BDEが実行されています。のエラーになる。

BDE とは、borland Database Engine のことで、他のソフトウエアが、これを既に実行している場合におこります。

つまり、ソフトウエアの競合ですから、一度、常駐しているソフトウエアをすべて終了させてから、セットアップをおこなってください。

常駐しているソフトウエアは、お持ちのPCによって、さまざまですが、通常は、画面右下にアイコンで表示されています。
(ウイルス対策ソフト TV電話ソフト インターネット関係のソフト TVfunSTUDIOタイマー など数種類ある場合があります)

このアイコンをクリックして、終了させることができます。
アイコンによっては、マウスの右クリックをすると<終了メニュー>が出ます。

画面右下のアイコンの事例です。 

 

http://www.zeirishi.gr.jp/kyuyo/impro/20060106_01.pdf (TV会議ソフト関連が導入されている場合)

常駐ソフトウェアを停止する方法

 

 インデックスが古くなっています。 または BLOBが、正しくありません。

 

人名のデータベースがおかしくなっているときに出るエラーです。
そのまま、エラーがでても、使用できる場合もありますので、使えている場合は、そのまま放置しておいても良いでしょう。

基本的には、人名データベースをバックアップしている場合は、それを戻すというのが基本的な対応です。

人名データベースをバックアップしていない場合は、人名データベースを削除するしかありません

人名データベースを削除するには、ソフトそのものを削除するのが良いでしょう。

ソフトの削除は、Windowsのコントロールパネルから、アプリケーションの削除を実行しておこないます。

新四柱推命プロ版のVer8.0では、開業用ライセンス設定ボタンを押すと、ユーティリテイ画面が表示されます。

そのなかで、現在の全人名を一括して削除します。というメニューを実行すれば、人名データは削除されますが

ソフトウエアそのものを、削除しなくても済む場合があります。

 

 

 

””は、 整数ではありません。のエラーになる。

Windows95,98の頃は、良く発生したエラーです。しかし、WindowsXPになっても、希に発生するという報告があります。

原因は、Windowsのフォントシステムが、一部異常になっていることが原因です。

フォントシステムだけを、入れ替えると、動作するようになります。

しかし、このフォントシステムだけを入れ変えるというのは、裏技的な操作が必要になり、一般の方ができるような操作ではありません。

そこで、次のような方法で、システムを正常に戻す必要があります。

■WindowsXPの場合

@システムの状態を、PCを購入の頃にもどしてみる。

スタート → アクセサリ → システムツール → システムの復元 を起動して、システムの状態を、復元します。

■上の操作で、うまくいかなかった場合、または、WindowsXP以外の場合

Aパソコンメーカーの、リカバリーCDROMを使います。 Windowsの更新 を行います。

  この場合、更新ですから、いままでセットアップしたソフトは、そのままの状態で使えます。

B上の操作でも、まだエラーになる場合は、リカバリーCDROMを使って、Windowsを、新しく入れ直します。

  この作業は、時間がかかりますから、普通はやりたくないと思います。

  そこで、市販の ノートンユーテイリテイ という有名なソフトを使って、システムの状態を正常に戻すような方法も有効です。
  かなりの確率で、エラーが回復します。 

  当社も、このソフトは愛用しており、システムが不安定になってきたら、このソフトで、クリーンな状態にPCを保っています。

 

フォントシステムのエラーから回復する方法の詳細は、こちらです。

 

 

ソフトウエアの起動時にモジュール違反などのエラーになる。

原因は、Windowsのシステムが、一部異常になっていることが原因です。

どこが、どのように、異常なのかは、特定することが非常に困難です。

前述のフォントシステムのエラーが関係していることもあります。

そこで、次のような方法で、システムを正常に戻す必要があります。

■WindowsXPの場合

@システムの状態を、PCを購入の頃にもどしてみる。

スタート → アクセサリ → システムツール → システムの復元 を起動して、システムの状態を、復元します。

■上の操作で、うまくいかなかった場合、または、WindowsXP以外の場合

Aパソコンメーカーの、リカバリーCDROMを使います。 Windowsの更新 を行います。

  この場合、更新ですから、いままでセットアップしたソフトは、そのままの状態で使えます。

B上の操作でも、まだエラーになる場合は、リカバリーCDROMを使って、Windowsを、新しく入れ直します。

  つまり、パソコンを購入初期状態にするわけです。これをやるのは、最悪の、もうどうしようもない場合ですが、100%回復します。

  しかし、この方法でパこの作業は、時間がかかりますから、普通はやりたくないと思います。

  そこで、市販の ノートンユーテイリテイ というパソコントラブル解決ソフトを使って、システムの状態を正常に戻すような方法も有効です。
  かなりの確率で、エラーが回復します。 

  当社も、このソフトは愛用しており、システムが不安定になってきたら、このソフトで、クリーンな状態にPCを保っています。

 

デフォルトプリンタが見つかりません。のエラーになる。

 =>プリンタドライバーを導入してください。

当社のソフトは、プリンターからの印刷を前提にしています。ですから、起動時に、プリンタの環境を調べにいきます。それで、今までプリンタを使用したことがないようなPCでは、このようなエラーになります。
プリンタをお持ちでない場合でも、適当なプリンタドライバーを導入してください。

@プリンタを接続して、プリンタドライバーを導入してください。

 一度、プリンタドライバーが導入されたあとは、プリンタを接続しておく必要はありません。

Aプリンタを購入するつもりがない場合でも、プリンタドライバーは、導入してください。

 コントロールパネルの、プリンタの追加で、LPT1ポートに、適当なプリンタドライバーを導入してください。

Bネットワークプリンタを通常使うプリンタにしている場合で、ネットワークが切れている場合は、エラーになります。

※WindowsVISTAになってからは、プリンタドライバーに、Microsoft Document Writer というドライバーが自動で組み込まれるようになり、こういったエラーが出ないようです。

 

 

プリンタで印刷すると、左右、または、下端がきれてします。

  これは、プリンタの性能の問題です。最近のプリンタは、左右 上下 余白 が3mmくらいの精度があります。

  こういうプリンタであれあ、切れることはありません。

  しかし、古いプリンタまたは、低価格のプリンタでは、左右 上下の余白が、5mm〜6mmのものがあります。

  こういうプリンタでは、プリンタが機械的に、左右、上下の端のほうには、印刷ができないのです。

  ソフトウエアでは、対応ができません。性能の良い、プリンタを、ご利用ください。

 

画面の左右上下が完全に表示されない。文字表示が何かおかしい。

原因は、3つあります。 @→A→B になるほど、対処は、容易になります。

@1つめは、パソコンの画面のドット数自体が、当社のソフトに必要なサイズを満たしていない場合です。

当社ソフトは、800×600ドット(SVGA規格)の大きさが必要なものと、1024×768ドット(XGA規格)の大きさが必要なものの2種類があります。古いPCでは、この規格を満たしていないものがあります。この場合は、PCを、購入する必要があります。

なお、2004年度以降に発売されるPCのほとんどが、1024×769ドット(XGA規格)以上のサイズになっています。それに従いまして、当社のソフトも、順次、1024×769ドット(XGA規格)の画面サイズにあわせた仕様に、変えていく予定です。これから、PCを購入される方で、古い形式のPCを中古で買われる場合は、ご注意ください。

A2つめは、コントロールパネル → 画面 の設定 でフォントサイズを変更している場合です。

初期状態では、下のように 通常のサイズ(96DPI)になっています。
これを、大きいサイズ(120DPI)にすると、画面の文字表示がおかしくなる場合があります。

 

B3つめは、タスクバーが邪魔になっている場合です。

  Windowsの画面の最下位に、常時表示されるバーをタスクバーといいます。
  このバーが邪魔になって、画面が一部切れてしまう場合もあります。
  このときは、タスクバーを普通は、隠しておくようにすれば、よいでしょう。

  設定はタスクバーにマウスをおいて、マウスの右ボタンを押すと下のような画面になります。

  下の画面のように、<タスクバーを自動的に隠す> をチェックしてください。

 

CDROMを挿入しないで動作させたい

当社のソフトウエアの多くは、CDROMを挿入させたままでないと動作しません。しかし、ソフトウエアごとに、CDROMを入れ替える必要はありません。たとえば、新四柱推命プロ版 と 新姓名学大宝典 の2本をお持ちであれば、どちらかのCDROMを入れておきさえすれば、良いのです。

ノートパソコンを1台だけお持ちで、CDROMを挿入させないで動作させたいという場合にのみ、CDROMなしライセンスキーを、無料で発行しております。デスクトップパソコンをお持ちの場合、あるいは、パソコンを2台お持ちの場合は、有料になります。

■CDROMなしライセンスキーについて

このライセンスは、お持ちのパソコンのハードウエア情報(CPU番号などの部品番号)をみて、そのパソコンに固有のライセンスキーを当社のほうから、発行するものです。したがって、他のパソコンでは、使用できないので、注意してください。

■CDROMなしライセンキーを取得したい場合

かならず、ユーザー登録をしていなけばなりません。もし、ユーザー登録をしていなければ、今すぐしてください。

当社のインターネット通販で、直接購入された方は、購入時点で、ユーザー登録されているので、その必要はありません。

以下の内容を明記の上、当社のサポート担当まで、メールをしてください。

下のテキストを、コピー&ペーストしてお使いください。
(マウスで選択して、Conrl キーと C キーを同時に押します。そして、Contrl キーと V キーでペーストできます)

 


 

バージョンアップ版を買いたい

今もっているCDROMが古いようです。 HPをみると、バージョンがあたらしくなっているようです。
新しいCDROMへのバージョンアップはできないのですか?

こういう問い合わせが、ときどきあります。当社は、ユーザー登録カードを出しているお客さまに限り、ダイレクトメールで最新のソフトをかなり安く購入できるように、案内を郵送しています。ユーザー登録カードを出していないお客さまには、サポートのしようがありませんので、そういう案内を出すことはありません。バージョンアップを将来にわたって、希望される方は、購入後ただちに、ユーザー登録を必ずするようにしてください。

バージョンアップ製品を用意しているのは、発売後3〜5ヶ月間だけの限定です。期間を過ぎますと、製品在庫がなくなり、販売することができません。

すなわち、ユーザー登録をしていない方は、バージョンアップを購入する機会が得ることができません。発売後、1年以上経過して、バージョンアップ版を購入したいという申し込みがありますが、そのときには、すでに、バージョンアップ製品在庫がございません。結果的に、正規製品を、お買い頂くしかなくなります。

引っ越しなどで、ダイレクトメールが転送先不明で、戻ってくることが、毎年数百人以上あります。引っ越しされた方は、住所変更のお知らせを当社まで、FAX(089−966−6895)で知らせてください。

(例外)
当社から、直接商品を購入いただいたお客さまは、商品の発送時に、ユーザー登録をしてありますので、あらためて、ユーザー登録をする必要はありません。

 

トッ