開業占いの専門店 あなたも占い師になれるプロ 
用ソフト フォーチュンソフト
フォ ーチュンソフトは占いの専門店です。運命学のプロ集団が開発を行っております。
多くのプロの 鑑定士が採用しており、当社のソフトを使用することによって占いの診断水準を一定 に保てます。
日本易学連合 会やデパート出展の占い師もお使いです。あなたも、占いのプロを目指してみません か?

プロの占い師を越えた占い技法

究極の奥義

【星平会海 玄機伝  定価 22,000円 

〜運命の神との対話法〜

 

完売しました!

 

これまでの書籍は運命学について書いた本でした。

本書籍は、運命学のについて書いた本です。

だから難しい理論・理屈はありません。

難しく見えるのは人間をバラバラに分割してパターン分類するから。

生きている人間ってバラバラに分割はできない。

陰・陽がからみあった統合体で神秘的存在が人間。

運命学とは何かという内容の本を書くのは簡単です。

理論はいくらでも原書からコピーできるし机上で開発できるからです。

おまけに実践して確かめる必要もないのが理論書です。

しかし、運命学のを書くことは至難の業でした。

実際に筆者がわって経験したことしか書けないからです。

人間をバラバラにしないで統合体のまま表記する作業はとても困難でした。

商談の現場で運命学を使い、

国際結婚ビジネスの面接現場で運命学を使い、

女性とのトラブルの原因究明に運命学を使い、

子供の算数ができない原因に運命学を使い、

人生の方向転換に運命学を使い、

師匠からものを習うときに運命学を使い、

先祖からの因縁を切るときに運命学を使い、


カルト教団の幹部とケンカするときに運命学を使い、

いかに運命の流れ・命の流れに乗っかるかに運命学を使い、

いかに投資で儲けて豊かに生きるかに運命学を使い、

いかに性欲を満足させるかに運命学を使い、

自動車や住宅購入をする際の相手の診断に運命学を使ってきた

筆者が理論ではなく、経験した「味」を書いた書籍です。

人間の奥深い内面を探求する道具として 運命学の最高峰である

星平会海を どう使うか? を解説した書籍です。

運命学の味について書いた日本で最初の書籍です。

だから理論を勉強したい人は他の教材のほうがいいです。

理論ではなく、実際の生活、ビジネスの現場、人間関係でどう使うのか?

そういうを知りたい方のための書籍です。

四柱推命と占星学と宿曜経と紫微斗数推命を
くみあわせて統合したを知りたい方のための書籍です。


VTR

 

動画2 その他の内容を案内しています

  ■はじめに

 運命学の最高峰である星平会海のソフトウエアを発売して数年が経過しました。

その数年間にいろいろな問い合わせがあったのですが、
星平会海という運命学にたいする質問はどれくらいあったと思いますか?

驚くことにゼロ件でした。

ほとんどが四柱推命プロ版との結果の相違点にたいする質問と、
自動生成文章にたいする質問でした。

 せめて四柱推命では闘争的で強い人という診断結果が出て、
紫微斗数推命では優しくて慈愛にあふれた人という矛盾する診断結果が出て、
実際の人物をみても、どっちなのかよくわからない、
これをどう判断したらいいのでしょうか?
という程度の質問は来るはずだと予想していたのですが、
そういうレベルの質問さえゼロ件でした。

 これには、たいへんなショックを受けて当社も反省をしています。

星平会海のソフトウエアを買ったユーザー様が、
星平会海にたいする質問がでてこないという状況にあるのを知ったからです。

星平会海とは、占星学(ホロスコープ)と四柱推命をあわせたネーミングです。
実際はそれに宿曜経と紫微斗数推命をくみあわせた運命学です。

 ところが、ユーザー様は4つの分割された占いが別々に存在している
と勘違いしていて、組みあせて使用していると予想されるユーザーは
ほとんどいないのです。

それどころか、占星学のホロスコープ図と四柱推命の命式の両方を
普通にながめて分析しているユーザーさえほとんどいないのです。

 異なる占い技法の組み合わせと統合は、人間の脳がやる作業です。

 人によって、紫微斗数推命と占星学を組み合わせたほうがよかったり、
四柱推命の十二運星と占星学の惑星を組み合わせたほうがよかったりと、
組み合わせ方は無限にあるからです。

 実際の鑑定される人を問診しながら、組み合わせ方を探っていくのが
実際の作業ですが、これができている人は、ほとんどいないのだと
気がついたときは、大きなショックを受けました。

 組み合わせが自由にできていれば、自分なりの格局のようなものも
決定できますし、用神も体神も自分なりに決定できるものです。

 もちろん、格局がホロスコープのアスペクトになることもありますし、
用神がホロスコープの支配惑星になることもあるのです。

 通変星がホロスコープの惑星同士の関係性になることも多いものです。

 筆者が以前、交流のあったプロ中のプロの占い師達
はそういう星平会海の使い方を日常で普通にやっていたものです。

 事例をあげてみましょう。

 「アスペクトの形が直線的で比劫が多く、しかも氏宿だから、
無茶苦茶反抗的だけど成功するかもね。」とか

「優しいアスペクトの形で、天同星で印綬が強いから民間企業よりも
学者とか公務員向きかな。」とか

「乙で天干は陰干ばかりなので柔軟思考ができるけれど
紫微斗数推命でみるとキツイからこの人は見かけだけ優しくて
残忍のはず。それを隠して善人づらしていると人生の後半はノイローゼになるかもね。」とか

「四柱推命では庚で天干は庚辛ばかり、占星学では水星が極端に弱いから相手
の真意を理解する能力はないね、でも紫微斗数や宿曜経では目上に取り入るのがうまいから
サラリーマンで一時的には用いられるけど、結局は経営者の言うことを理解しないから
首になるかもね。独立したほうがいいね。」

こんな会話を普通に酒を飲みながら、ユニークにしたものです。

 筆者は自分の鑑定をして欲しいと依頼したのですが、
「ちょっと説明しにくいけれど、雲海さんは虎の守護霊がついていると思ったほうがいい。
だから他の動物を食うことはあっても食われることはない。
だから鑑定をして欲しいという要求が間違っている。2度とそんな質問はしないように。」
と回答されました。

 このプロ中のプロの占い師達は、たんに命盤をみて鑑定しているのではなかったのです。

 その人の会話や態度や波動を感じ取って、
それと4つの異なった占いの技法を統合して鑑定していたのです。

 しかし、このように実際の人物を目の前にして、その人物の波動を感じ取りながらも
異なった4つの占いの技法を、組み合わせて使うという発想は、
悟りの境地にある一握りのプロだけが普通にできる次元で、
普通の人では無理があるのだと気がつきました。

 ではどうすればいいのか?

 無限にある組み合わせ方を箇条書きにして活字にするよりも、
自由に組み合わせて星平会海を楽しめる脳にユーザーを変容させて
進化させるほうが手っ取り早くて合理的だと判断し、
それが本書籍の開発の動機になったわけです。

 無限にある組み合わせ方を箇条書きにすると
おそらく読んでもノイローゼになることでしょう。

 今までの脳の思考回路で理解しようとするからです。

 「星平会海  玄機伝」という名称にしたのも、そういう理由だからです。

 だから黙って座ればピタリと当たる的な運命学の使い方の延長を望む人は、
本書の価値は理解できません。

  電卓をたたいて、だれかの運命が分かるような魔法があると
信じているようなオカルト的なものを望む人も、本書の価値は理解できません。

最初から最後まで、読者の脳を変容させることを目標にしていますから、

変化と進化を望む人は本書を繰り返し読むことで、

運命の神との対話ができるようになり、

高い次元に自分自身の存在を変容することができます。

 

 

2012年 10月発売済み 
星平会海 玄機伝
目次紹介

■あなたは運命学の味を知っているか 11
■真の運命学は科学である 19
■どんな理論も証明するまでは信じてはいけない 22
■占星学と四柱推命の統合 25
■ある運命学の大家の悩み 29
■運命学は味わうものであり知るものではない 32
■ものごとを分割する思考では星平会海は使えない 37
■あなたの心を構成するものは何か? 42
■極端から極端にジャンプするのが心の性質 47
■心は安易に解決できる課題を探そうとする 50
■心は改善できない(破壊して再創造する) 51
■すべての人間関係のトラブルの根本にあるもの 56
■十干・惑星別の人間関係トラブル 60
■期待するいう言葉の背後にある身勝手な欲求 63
■慈悲が自然にわいてくる人 65
■慈悲をもちたいという経営者 67
■意識的に生きる道具が運命学 69
■生まれ変わりはあるか?という不毛な議論 75
■運命の神は理論には無関心 77
■運命の神との対話 79
■成功の法則は欲望を変化させること 83
■インスピレーションはリラックスしているとやってくる 86
■性欲は罪なのか? 90
■道徳的な人は反社会的になる 92
■真に宗教的な人 95
■道徳と倫理と運命学との関係性 98
■死ぬのが怖い老人の心理状態 101
■国際結婚ビジネスで星平会海を使用 103
■最後に 運命の神との付き合い方 108